想像以上?猫を飼う時にかかる初期費用まとめ

可愛い猫と一緒に生活をしたいのだけど、実際に飼うとなると一体どのくらいに費用が必要になるのでしょうか?

そこがよく分からなくて、猫を飼うことを躊躇してしまう人もいるかもしれません。

そこで、実際に猫を飼い始める時にかかるであろう費用や、必要な物、子猫のワクチンについてまで紹介していきますので、これから猫を飼おうと思っている方は、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

猫を飼う時にかかる初期費用

猫の購入費用

猫を飼うには、まず猫を購入しなくてはいけません。やはり一般的なのはペットショップでの購入ではないでしょうか。ここ数年の猫ブームで、猫の購入金額も少し値上がり傾向にあるようですが、平均10万~15万程で販売されているようです。ただし、人気の猫種になると20万を超える場合もあります。

ペットショップ以外では、猫のブリーダーから購入する方法もあり、この場合は親猫も同時に見せてもらうことができますので、成猫になった時の大きさなどが想像しやすいかもしれません。また、ブリーダーはその猫に関してはベテランですから、飼育をしていくうえで注意をしなければいけないことなど、的確なアドバイスを受けることもできます。

その他には、里親制度を利用して譲り受ける方法もありますので、そちらも検討してみてください。

キャリーケース

キャリーケースは必ず用意しておくようにしましょう。動物病院へ行く時にはもちろん必要ですし、万が一災害が起きた時などには避難時に必ず必要になるはずです。後で購入すればいいと思わずに、いざという時のために最初に購入しておくことをおすすめします。

購入する際には、成猫になった時の大きさを想像して、猫がケースのなかで楽に1回転できる程度の大きさの物を選ぶようにしてください。猫を出し入れするドアは、側面に付いている物が主流ですが、具合の悪い猫などを出し入れする時には、上部が開けられるタイプの物の方が使い勝手はいいようです。価格はケースの素材によって違いがありますが、5千円程で販売されています。

トイレ一式

猫を飼うにはトイレも必需品の一つです。ホームセンターなどに行くと、トイレ本体と砂やチップがセットになった物が販売されていますので、それを購入するのが手軽かもしれません。

砂の種類には、おしっこが固まるタイプの物と、上にあるチップは通り過ぎて下にひいてあるマットにおしっこをしみこませる物があり、猫によって好みも分かれるようです。最初は砂とチップを少量ずつ用意して、実際に猫に使用させてみて様子をみてもいいかもしれません。

猫はどちらでも問題なく使用するようでしたら、飼い主さん自身の掃除のしやすい方やコスト面で納得できる方を選ぶようにするといいでしょう。トイレ本体は2千円程、砂やチップは1袋5百円程で購入できます。

ケージ

猫だけを残してお留守番をさせる時には、ケージに入れておく方が安心です。特に子猫の頃は好奇心も旺盛なので、電気のコードをイタズラして感電しまう事故も少なくありません。

猫のケージは犬の物とは違い、高さがありケージのなかに猫がジャンプして飛び乗れる台がいくつか付いている物がおすすめです。

ケージは大きさや材質によって価格にも大きく違いがありますが、最低1万円程はするかもしれません。購入する時には、設置する場所のサイズをよく確認してから選ぶようにしてください。

猫はストレスにすごく弱いので、ケージだけで飼うのはやめましょう。そして、注意したいケージの選び方については、猫の不満爆発!?猫をケージで飼う時に注意したい広さや正しい飼い方の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

猫 ケージ
猫を飼う場合には、室内で放し飼いがいいのか、それとも猫用のケージを用意してあげたほうがいいのか悩むことはありますよね。最近では、留守にする時など...

ホームセンターなどに出向くと分かると思うのですが、猫の餌は種類が大変多くどれを購入していいのか悩んでしまうと思います。

あまりにも安価な物は添加物などが心配ですし、かといって価格が高いからといって必ずしも良品とは限らない場合もあるようです。猫にも好みがありますので、猫が気に入る物が決まるまでは、少量ずつ購入して色々と試してみるのがいいかもしれません。価格的には、安過ぎず高過ぎず、中間位の価格の物から試してみるといいでしょう。

餌を購入する時には、それを入れるお皿も必要です。お皿の素材は何でも構いませんが、猫が餌を食べている時にガタガタと動いたりしないように、なるべく浅めで安定感のある物を選んであげてください。

初期費用合計

猫を飼う時にかかる初期費用をまとめておきます。

 購入品 費用
猫(ペットショップ) 150,000円
キャリーケース 5,000円
トイレ用品 3,000円
ケージ 10,000円
2,000円
 500円
合計 170,500円

この初期費用は、あくまでも最低限必要な物をあげています。この他にもいずれおもちゃなども必要になってくるでしょう。

スポンサーリンク

子猫の時に必要なものと費用

子猫用の餌

子猫の時には子猫用の餌を用意してあげてください。子猫用の餌は成猫用の物と比べると、含まれている栄養価が違い少し割高になりますが、子猫の時にしっかりと栄養を摂取していかないと、成猫になってからの健康に影響を及ぼすこともありますので、1歳を迎えるまでは必ず子猫用の餌を与えるようにしましょう。

離乳前の子猫

ペットショップで子猫を購入する場合には、既に離乳が済んでいますので子猫用のフードを用意してあげればいいのですが、離乳前の子猫を拾ってしまいそのまま飼う場合には餌以外にも必要な物が出てきます。

子猫用のミルク

乳歯が生えてきていない子猫の場合には、子猫用のミルクを与えましょう。猫用のミルクには、成猫用と子猫用がありますが、含まれている栄養成分が違いますので必ず子猫用を与えてください。ミルクを与える用に、子猫用の哺乳瓶やスポイトも必要になります。ミルクや哺乳瓶の一式で千円程でしょう。

子猫はなかなかミルクを飲んでくれない時があります。そんな時の対処法を、猫にミルクを飲ませる方法!飲まない時の対処法も!の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

猫 ミルク
子猫にミルクを与えようと思っても、なかなか飲んでくれなかったり、与える回数も多かったり、意外と大変ですよね。飲まないといけない時間なのに...

保温グッズ

子猫は自分で体温調節が上手にできないため、ある程度成長するまでは母猫に暖めてもらいながら過ごしています。その母猫がいない子猫は、保温に気を付けてあげなくては寒さで衰弱してしまうことがあるかもしれません。

このような時には、ペット用の適温を保ってくれる保温マットなどを使用すると便利です。電源コードは、猫がイタズラしても大丈夫なように加工してあり、価格は2千円程でしょう。

ペット用ウェットティッシュ

子猫は排泄も自分でできませんので、母猫に代わってその世話もしてあげる必要があります。ミルクをこぼしてしまうこともありますので、そんな時にすぐに拭き取って綺麗にしてあげられるウェットティッシュがあると大変便利です。

ペット用の物でなくても構いませんが、人間用の物を使用するのであればアルコール不使用の物を用意するようにしてください。

ワクチン接種

子猫は生後2ヶ月を過ぎると、母猫からもらった免疫が薄れてきて感染性の病気にかかる確率が高くなりますので、それを予防するために定期的に混合ワクチンを接種する必要があります。ペットショップで子猫を購入する場合には、既にワクチン接種が行われているはずですので、その後のスケジュールは購入時によく確認するようにしてください。

ここでは、離乳前の子猫を拾った時を想定して、混合ワクチンについて紹介していきます。

ワクチン接種の前に

1回目のワクチンは生後2ヶ月位を目安に行いますが、それまでは外部との接触は避けてください。飼い主さんも外出先で他の動物に触った場合には、子猫に触れる前には必ず手をよく洗うようにしましょう。野良猫などがいるような場所にいった時には、その時履いていた靴も子猫に触れさせないようにしてください。

1回目のワクチンを接種する前には、動物病院で健康診断を行うようにしましょう。その際にお腹に寄生虫がいないかを検便にて調べてもらうことをおすすめします。動物病院にて、子猫を拾った経緯を説明すれば、適切な検査を提案してくれるはずですので、説明をよく聞いたうえで判断し行うようにしてください。その時に、ワクチン接種のスケジュールも相談しましょう。

ワクチン接種の回数

混合ワクチンは、生後2ヶ月の頃に1回目を接種したら、その1ヶ月後に2回目を接種します。その後は、1年の1回のペースで接種していくのが通常ですが、動物病院によっては念のために2回目を接種した1ヶ月に3回目を接種するところもあるようです。

そこは、獣医師さんの考え方によって変わってきますので、よく相談するようにしてください。ワクチンは1回に付き8千円程が相場のようですが、明確な規定はありませんので動物病院によって価格は変動します。

猫のワクチン接種について、内容や種類はたくさんあります。それでも飼い主さんが予防接種の種類を把握している事は少ないのが現状です。飼い猫がどういったワクチンを摂取しているのか?そして必要なワクチンはどれなのか?について、猫の予防接種を知ろう!ワクチンの種類や費用まとめの記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

猫 予防接種
ある調査によると、0歳の猫の死因のなんと40.9%が感染症だそうです。全年齢で見ても、死因の10.6%が感染症。それほどに猫の世界には感染症が蔓...

まとめ

猫を飼い始める時にかかる費用の相場と、必要な物について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ペットショップで子猫を購入する場合と、離乳前の子猫を拾って飼う場合とでは少し必要な物も変わってきます。その後の餌やトイレ用品などは、消耗品として定期的に必要となってきますので、猫に合った物を見付けてあげてください。







いいね!もらえると
励みになります♪

Twitter で

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫 爪とぎ しつけ

猫が色んな所で爪とぎをする時にしつけ方法を徹底解説!

猫 夜行性

猫は夜行性なの?!猫の元気になる時間と睡眠時間

猫 臭い

猫が臭いときの対策集!臭いの原因と対処法

猫 口臭

猫の口臭が臭すぎる!そんな時の原因と対処法

子猫 餌

これで大丈夫!子猫に餌を与える方法と、成長毎の餌の選び方

栄養満点?猫が食べても良い野菜と絶対食べてはいけない野菜まとめ