子猫がミルクを飲まない!そんな時の試したいミルクの飲ませ方

子猫 ミルク 飲まない子猫は母猫の乳を飲んで大きくなるのが一番。でも小さな子猫を拾ったり、母猫が育児放棄したりすると、人がミルクで育てなければいけません。子猫のお母さん役はなかなか大変。人の赤ちゃんの育児と同様に、色々な問題に直面します。

小さな猫のことだから、問題はすぐに解決しないと命にかかわることも。中でも今回は、子猫の健やかな成長に絶対不可欠で、命の危機に直結する「ミルクを飲まない!」という問題について、解決法を紹介します。

スポンサーリンク

子猫がミルクを飲まない時の考えられる理由

子猫が必要なミルクの量

ミルクは栄養補給と水分補給を叶える万能ドリンクです。生後1か月ぐらいまでは、子猫はミルクだけで成長しますし、離乳食を開始しても、しばらくはミルクが必要です。その必要量は子猫の成長に応じて変わります。

「生後○週の子猫には、どれくらいの量のミルクをあげれば良いですか?」と質問されたら、「ミルクのパッケージの記載に従ってください」と答えます。この答え、少し投げやりに聞こえるかもしれませんね。

子猫にあげるのは、市販の子猫用のミルク。これは鉄則です。子猫用のミルクのパッケージには、成長段階ごとのミルクの必要量が記載されています。その記載は、メーカーがその製品の特性を考慮して算出したもの。だから、パッケージの記載に従うのが一番なのです。

1回に飲む量が少なくても、1日に飲んだ量の合計がパッケージ記載の量を満たしていれば問題ありません。またミルクを飲む量には個体差もあるため、パッケージ記載より少量しか飲まない場合でも、順調に体重が増加していれば、問題ないでしょう。

子猫がミルクを飲まない理由

子猫がミルクを飲まない。その理由は色々とあります。具体的な理由を紹介しますので、思い当たることがあれば、心に留めておいてください。解決法は後ほど説明します。

排泄できていなくて苦しい

子猫は、生後1か月を過ぎる頃までは、自力ではウンチもおしっこもできません。適切な排泄処理をしてあげないと、お腹がパンパンになって苦しくて、ミルクを飲みません。

哺乳力が弱い

子猫の哺乳力には個体差があります。哺乳力が弱くて、上手にミルクが飲めない子猫もいます。

病気で具合が悪い

子猫は体力がないので、ちょっとしたことで体調を崩します。感染症や先天性疾患の危険性も。病気で具合が悪いと、子猫はミルクを飲まなくなります。元気がない、体が熱い、目やにが多いなど、他にも症状があれば、病気の可能性が高いです。

哺乳瓶の乳首のサイズが大きすぎる

乳首のサイズが大きいと、口に入らないため、ミルクが飲めません。

哺乳瓶の乳首に慣れていない

シリコンでできた乳首は、母猫の乳首と口触りが違いますので、慣れていない子猫は、嫌がって口にしないことがあります。

ミルクの温度が不適切

母乳は、母猫の体温で程よく温かい。それと同じくらいの温度がミルクの適温です。熱すぎたり、冷たすぎたりすると、飲まないことがあります。

ミルクの濃度が不適切

猫は結構、味にうるさいです。濃すぎたり、薄すぎたりするミルクは、飲まないことがあります。

ミルクの味が口に合わない

母乳に近づけてつくっているとは言え、ミルクはやはり母乳とは味が異なるので、口に合わず、飲まないことがあります。

室温が不適切

体温の調整機能が未熟な子猫は、室温の影響を受けやすいので、室温が寒かったり、暑かったりすると、元気が無くなって、ミルクを飲めなくなります。

子猫の離乳食のタイミングについては以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

子猫 離乳食
自宅で産まれたり、保護したりした子猫が成長していくに連れ、そろそろミルクから離乳食に切り替えた方がいいのかな?と思いながらも、タイミング...

ミルクを飲まない時に試したい方法

まずは病気の可能性を排除!

ミルクを飲まない理由が病気の場合、飼い主は解決できません。小さくてエネルギーの蓄えが少ない子猫は、病気でミルクが飲めなくなると、あっという間に命の危機に陥ります。だからすぐに動物病院に行く必要があります。

ミルクを飲まないなら、ひとまずは病気を疑って動物病院に行くのが理想です。少なくとも、他の症状もある場合や体重が減ってきた場合は、動物病院に行くこと。病気の可能性を排除した後で、次のステップとして、ミルクを飲んでもらう方法を試しましょう。

スポンサーリンク

ミルクの補給を忘れないで

ミルクを飲んでくれず、四苦八苦しているうちに、あっという間に子猫は脱水や栄養不足になってしまいます。哺乳瓶で適量のミルクを飲んでくれない間は、哺乳瓶で飲んでもらう努力を続けると同時に、ミルク不足にならないように対策しなければなりません。具体的には、足りないミルクはスポイトやシリンジで強制的にあげるか、清潔な指にミルクをつけて、少しずつ舐めさせましょう。

子猫との遊び方について、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

子猫 遊びすぎ
子猫と一緒に遊ぶのは可愛くて本当に楽しいものです。つい色々な種類のおもちゃを買ってきてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。でも「子猫はあ...

子猫にミルクを飲まない時に試してほしいこと

ミルクを飲まない理由はひとつの場合もあれば、複数の場合もあります。可能性をひとつひとつ探って解決するのは時間がかかりますので、簡単な問題はまとめて解決する。その上で個々の問題を解決するというのが一番の近道です。早速その方法を紹介しますね。

Step.1 先ずは簡単な問題を一気に解決する

理想的な哺乳環境を整える
  • 子猫用の乳首を使用する
  • ミルクは適切な濃度にする
    ミルクはそのパッケージ記載に従った濃度で作りましょう。濃すぎても薄すぎても、子猫は飲んでくれません。猫用の粉ミルクを使用する場合、哺乳瓶の底に溶け残った粉ミルクが固まることがあります。そうすると薄いミルクになってしまいますので、ミルクを作るときには、哺乳瓶の底を見て、全て溶けていることを確認してください。
  • ミルクは適温にする
    ミルクは適温(人肌より少し温かい程度)を心掛けましょう。特に冬場は、作った時は適温でも、あげる準備をしているうちに冷めてしまうことがあるので、注意が必要です。
  • 部屋を適温にする
    子猫の適温は35度。結構暑いので、部屋中をその温度にすると、飼い主の方がダウンしてしまいます。子猫がいる場所をヒーターやホットカーペットなどで暖めましょう。部分的に暖めることで、子猫が暑いと思ったときの逃げ場を確保すること。もし体が冷えている場合は、タオルで包んでしっかり温めてから、ミルクをあげましょう。
子猫の体調を整える
  • ミルクの前に排泄を促す
    ミルクを与える前に必ず、陰部を濡らしたガーゼや脱脂綿で軽く刺激して、排泄を促してください。
該当する場合は対処する
  • 子猫は乳首を吸うのに、なかなかミルクが減らない場合
    哺乳力が弱い可能性があります。哺乳瓶の乳首の穴を針などで少し大きくするか、針でもうひとつ穴を開けるかして、ミルクの出を良くしましょう。ほんの少し大きくするか、たったひとつ穴を開けるだけでよいです。あまりに多くミルクが出るようになると、今度は口からあふれたり、蒸せたりして、飲めなくなってしまいます。
  • 人工哺乳に慣れていない子猫で、乳首を口に入れたがらない場合
    慣れない乳首に抵抗しています。乳首の先にミルクを塗りつけて口に当てて舐めさせるか、乳首の先を口に当てて乳首を指で押してミルクを出して、「ここからミルクが出るよ」と教えましょう。健康な子猫なら食欲に負けて、乳首からミルクを飲むようになります。

Step.2.「Step.1.」をしても飲まない場合

  • 他のメーカーのミルクを試す
    頑なにミルク飲まない場合、ミルクの味が気に入らない可能性があります。メーカーによって、ミルクの味は微妙に違うので、他のメーカーのミルクを試してみましょう。気まぐれな猫なので、他のメーカーのミルクを試してから元のメーカーに戻したら、急に飲んでくれるようになった、なんてこともあります。

Step.3.「Step.2.」をしても飲まない場合

  • 動物病院に行く
    飼い主では気付けない問題や、その子特有の事情がある可能性があります。ここまできたら専門家に相談するのが一番です。くよくよ悩まず、動物病院に行きましょう。

子猫にミルクを飲ませる方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

猫 ミルク
子猫にミルクを与えようと思っても、なかなか飲んでくれなかったり、与える回数も多かったり、意外と大変ですよね。飲まないといけない時間なのに...

まとめ

子猫をミルクで育てるのはとても大変ですが、その分、愛情もひとしおになります。
寝不足になったり、部屋が汚れたりで、大変な子猫育てかもしれませんが、それもいっときのこと。

子猫の時代はとても短いです。子猫の愛らしさをご褒美に、是非とも子猫育てを楽しんでくださいね。







いいね!もらえると
励みになります♪

Twitter で

関連記事

猫 首輪 ハゲ

猫の首輪が原因でハゲる!?ハゲない為にできる事と首輪の必要性

猫 腎不全

猫が腎不全と診断された!病気の症状や治療の進め方

猫 いびき

猫のいびきは病気の兆候?考えられる原因と病気

猫 舐める

猫が飼い主を舐めるのはなぜ?他の猫まで舐める理由も!

子猫 拾った

子猫を拾ったらどうする?拾った時にするべき事

子猫 目やに

感染症!?子猫の目やにが多い時の原因と対処法